*

映画「ジュリエットからの手紙」はイタリア・ヴェローナの実話。

2017/05/30 | イタリア

イタリア・ヴェローナには「ロミオとジュリエット」のジュリエットのお墓があって、観光地になっているんだって。
そこにジュリエットへメッセージを残すと、「ジュリエットの秘書」がジュリエットとして返事を送るという粋な計らいがあるらしい。

それが映画「ジュリエットからの手紙」になったのらしい。

50年前に書かれたメッセージに返事を書いて、かつて愛した人を一緒に探します。
最終的に、二人は再会して結婚式も挙げる。
すごくロマンチックな話だなあ。
倦怠期のカップルがこの映画を見たら、一気に熱が復活しそう(笑)。

セリフもイタリアならではって感じです。
日本人だったら絶対にこんなこと照れちゃって言えない!
さすがイタリア人、気の利いた言葉をさらっと言っても様になる。
映画の中でだけではなく、現実でも言うんだろうか。

お返事の手紙も良かったなあ。

ジュリエット

「もしもあのとき・・・」

というのがあったんだけど、なんか分かるなあって思った。

私だったら、返事を書きながら自分の中にある「もしも」という可能性も考えちゃいそう。
かつて勇気がなくて踏み出せなかった一歩を、今なら踏み出せるだろうか。

この映画の原題は「Letters to Juliet」、つまり「ジュリエットへの手紙」。
邦題は「ジュリエットからの手紙」なので、ニュアンスが違うような気がするけど…何ででしょう?

wikipediaによると、

「原題は直訳すると“ジュリエットへの手紙”でジュリエット宛てに書かれる多くの手紙を意味しているが、邦題は逆に返信する手紙のほうに重点が置かれていることが伺える。」

とのこと。
ふ~ん、そうなのかなあ…。

それはともあれ、イタリア・ヴェローナの街並み、美しかったなあ。

ヴェローナ

旅行好きなら必須のムダ毛処理

旅行とは全く関係ないように感じるかもしれませんが、実は大いにあるのが脱毛。
その理由はズバリ2つ。

  • カミソリとか持って飛行機に乗ると、荷物を機内持ち込みできなくなる!
  • 貴重な現地での時間をムダ毛処理に使うなんて、絶対もったいない!

ということで、旅行の多い女子に絶対オススメなのが、脱毛サロンでの処理。

旅行前に、脱毛を予約してみよう!
http://www.ミュゼ新宿三丁目.com/
ここでは、ミュゼという脱毛サロンのブログ(新宿東口のサロンについて詳しい)も、管理人がまとめています。
ぜひ、興味ある方はちらっと見てみてください。

日本人がフランスに行くなら気をつけるべきこと

2018/01/17 | 旅コラム

フランスでツアーガイドしている人が日本人向けに注意喚起しているツイートを見ました。

なんでも、日本人はスリのターゲットにされやすいんだとか。

まぁ、そうですよね。
どこ行っても、こんな平和ボケした民族はいませんよね・・・。

フランスでは、スリやタカリが横行しているんだとか。
日本人は、フランスで買い物して、平気でショッピングバッグのまま歩くけど、それはお金を持ってる日本人だと、大声で言っているようなものらしくて。
そのまま地下鉄にでも乗った日には、あっという間にスリに囲まれて持ってかれてしまうとか。

やだ。
怖い。
でも、そうかもなぁ。

私も、フランスに行ったことがあります。
ロマの女の人に道を聞かれて、広げた地図の下で、もう一人の人が私のバッグを探ろうとしていたんだそうです。
私は、バッグの口を手でガッチリガードしてたので、諦めたみたいですけど。

同じツアーの人で、パスポートをすられそうになったという人もいました。

フランスは治安が悪いんですよね。
日本人が夢見るオシャレーなおフランスとは全く別物でした。

 

パリ

 

現地の人は、買い物したらクシャクシャのビニール袋に買ったものを入れるんだそうです。
紙袋をそのまま持ち歩くなんてことはしないんだそうです。
それか、店から家までタクシー。
ツアー客も、現地の人のようにふるまって紛れちゃうのが安全策なんだそうです。

意外なことから日本人だとバレるという話もききました。
それはネイル。
ネイルアートをしてる人は日本人、というのも有名なんだとか。
日本人のネイルアートは凝ったデザインなので、一目瞭然なんですって。

なるほどねー。

フランスに行く方はぜひ気をつけてくださいね。

「旅先からハガキを送る」のススメ♪

2016/04/23 | 旅コラム

最近、私自身や友達の中で「旅先からハガキを送る」というのが流行っています。
いつの間に流行り出したのかわかんないけど、とにかく流行っている。

ポストカード

私が初めて旅先から送ったのは、クロアチアから実家へだったんだよね。
そのあと、北欧旅行でオーロラを見に行ったときに実家と友達へハガキを送りました。

友達からは、サプライズな感じで突然届いたり、旅先で送りあったり。
そういうやり取りって、やっぱり楽しいもんだなあって思います。
お土産をもらうのも嬉しいけど、その土地のハガキも素敵!
現地のハガキだったり切手だったりが貼ってあるのはすごく嬉しいもんですなあ。

これまで旅先でハガキを買うのって、海外だったら小銭を使い切るための苦し紛れだった。
使うこともなく、飾ることもなくって感じ。
お土産としてあげることもあったけど、なんとなくイマイチな気がしてたんだよね。
今度からは、ハガキを買ったら友達に送りまくろうって思った。

イタリアのポストカード

前はけっこう手紙を書くことが多かった。
文通なんかをやっていたことがあるし、地元の友達とは長いこと手紙のやり取りをしていたなあ。懐かしい。
今では連絡方法もメールが主流になっちゃったし、いつの間にかレターセットもハガキも家にはなくなっちゃった。

ちなみに、海外の郵便局ってけっこう楽しいよ。おすすめ!

記念のカードたち

旅に持っていくカメラ、どうする?

2016/04/20 | 旅コラム

私が持っているカメラ、ニコンの一眼レフとリコーのコンパクトデジカメ。
以前より使う機会が少なくなりました。
旅行に行ったときに撮ることが多いので、そんなに旅行に行っていないということでしょうか。

カメラ

国内だと確かに日帰り旅行が多いかもしれない。
そんなときは、たいそうなカメラを持っていくこともない。
写メでいいかなってくらいで携帯で撮ることがほとんど。
最近の携帯は画質もいいもんねえ。

それでもコンパクトデジカメが登場することはまあまあある。
一眼レフはでかいから、持ち歩くには不便なんですよ。
でも、これぞベストショット(自称)!と思う写真が撮れるのは、やっぱり一眼レフ。
もっと活用させないともったいないよね。
前は写真を撮るために花を見に行ったり海を見に行ったりもした。
そこまでのテンションが今はないのが不思議なくらい。

私が目指すのは、ファインダーを覗いている気持ちになるという写真。

以前、カフェで写真展をやったときに一言ノートを置いておいたの。
そこに、「ファインダーを覗いている気持ちになった」と書いてくれた人がいたの。
それが忘れられなくて、私が目指すのはそういう写真。
腕をあげたいとかはあまり思ったことないけど、素人が撮った良さっていうものが表現できたらいいな。ファインダー

バンコクのエラワン・プームにどんな願いも叶えてくれる神様がいる?

2016/04/16 | タイ

タイのバンコクにはどんな願いも叶えてくれるという神様が祀られている場所があります。
どんな願い事も叶えてくれるというのはすごいものですが、
これは一体どういうものなのでしょうか?

タイ

まずその祀られている場所はチット・ロム駅の近くにあり、
やや狭い所で小さな所に祀られているのがヒンズー教三最高神であるプラフマーです。

ここの由来としては、このエリア周辺にホテルを建設する予定だったのですが、
事故が多発しており、なかな工事を進めることができない状況でした。
そんな状況の中で、このプラフマーが祀られているエラワン・プームを建てました。

お香
するとみるみる工事が順調になり、無事に完成することができたのです。
そんな由来から今では願い事を叶えてくれる神様として皆に親しまれています。

実際にこのエラワン・プームへ行ってみてみると、宝飾が豪華絢爛で多くの花々が奉納されています。
ここを参拝しているお客さんも多く、とても人気のあるスポットであることが伺えます。

また周りに目を向けてみると、華やかな衣装を着た女性たちがダンスを踊っています。
これは実際に願い事がかなった人々がお礼のをしている人たちなのです。
こういう光景を見ると、エラワン・プームにお参りすると本当に願い事が叶うんだなって思いますよね♪

エラワン・プームは、今ではすっかりタイの観光名所ともなっています。
もしバンコクに行く機会があったら立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

踊り子
お香

 

旅先でクックパッドを見ながら日本食を振舞ってみよう!

2016/04/14 | 旅コラム

海外生活を振り返って3本の指に入る思い出といえば、炊き込み御飯を作ったこと。
当然、日本に売っているような炊き込み御飯のもとなんてあるわけがない。
どうやれば作れるんだ~!と悩んで頼ったのはクックパッド様(笑)。
素を使わずに作るなんて、調理実習か!?と一人ツッコミをしながら作りました。

いちばん困ったのは、だしですね。
もちろんだしの素なんてありません。
まさか洋風のスープのもとを使うわけにもいかない。
悩みに悩んだ末、ビオショップで干ししいたけを購入。
その戻し汁をだし代わりにして、ついでにシイタケも入れた。
鶏肉も入れて鶏からのだしも期待してみた。
なんとか思った通りの炊き込み御飯ができあがり、皆さんに振る舞うことができましたよ!

干しシイタケ

すごーく大変だったからもう2度とやらないって思っています。
でも、何となく自分の苦労の証として、材料とレシピはメモってあるのでいつでも作れます。
自分で言うのもアレですが、すごく頑張って作った炊き込み御飯、喜んでもらえたのでホッとしました。

炊き込み御飯って、水加減が難しいんだって。
そうなの?けっこう簡単に美味しくできたと思うけどな。

やっぱりクックパッドはすごいわ~。
これからもよろしくお願いいたします。

みなさんも、旅先で宿の仲間たちに日本食を振舞ってみると面白いですよ!
炊き込みご飯

「airbnb」で宿を探してみるのもいいかも!?

2016/04/09 | 旅コラム

ずいぶん前にフェイスブックで「いいね!」をしたサイト、airbnb。
どんなものなのか全くわからないままクリックしてしまったらしい。
たまにメールがくるのでよく見てみると、宿泊所の提供とか、そういう感じのサイトでした。

ベッド

airbnbには、お手頃価格の宿がけっこうあります。
宿というよりも、自宅の空いている部屋を貸しますよ的な感じに見える。
長期滞在者向けの価格設定もあって、ちょっといいなあって思っています。

海外旅行のとき、最初はホテルしか選ばなかった。
B&Bも気になるけど、なんとなく不安だなって思っていたんだよね。
でも、1回泊まってみたら、きちんと選べば快適に泊まれるということがわかりました。

その後、ホテルが高すぎて泊まれないときにドミトリーも泊まった。
かなり勇気がいったけど、これも選べば大丈夫。
食わず嫌いをするよりも、試してみるという感じになっています。

B&Bもある意味では空き部屋を利用したホテルって感じ。
それよりもさらに普通の家の感じにシフトしたのがairbnbに載っている宿かなあと思います。

airbnbを見てると、けっこう可愛らしい部屋もあって、興味津々!
こんな可愛い部屋に泊まれたら楽しそうだなあって思っています。
B&Bよりも見る目を持たないと危険そうだけど、一度利用してみたいと思っています。

airbnbの取り扱いは日本にもあるみたいなので、ホテルが見つからないときに使ってみてもいいかもしれない。
朝食

旅行先で集めた無料のマップをファイリングしました。

2016/04/04 | 旅コラム

旅行先で集めた無料のマップを整頓しました。

100均でファイルを買ってきて、国別にファイリング。

国内のものは都市別もしくは1旅行につき1ポケット。

オーロラ
けっこうたくさん集めましたねえ。

ファイリングしながらじっくり読んでしまったりして、時間がかかるったらない(笑)。

オーロラツアーのときに集めたマップがいちばん多かったかな。

あのときは、地図マニアなんですってアピールしたら色々もらえたし。
たまたまインフォメーションの人に案内してもらう機会があって、特別に開けてもらったの。

そのとき、みんなはお土産を物色しているのに私は無料マップとステッカーに大興奮(笑)。

そんなことをしていたら、

「他の地域の地図もあるけどいる?」

って言ってもらってもらえたの!

あれはなかなか良かったです。

地図

行ったところの地図をもらうというのが私のスタイルだけど、例外も受け入れる器もある(笑)。

たくさんお土産や記念品を買ったわけではないけど、マップ1枚にも色々な思い出が詰まってる。

インフォメーションの人に聞いてメモってもらった跡とか。

今では国内旅行でも無料マップをもらいに行くのがクセになっちゃったな。

次はどこの地図が増えるんだろう?

海外なのか国内なのかわからないけど、楽しみだなあ、次の旅行。
ステッカーもいいよね!
まだまだスーツケースに貼れるよ!スーツケース

あなたにとっての「アナザースカイ」ってどこですか?

2016/04/01 | 旅コラム

金曜日の夜にやっている「アナザースカイ」をよく見ています。
色々な国を見ることができるので、旅行好きにはたまらん番組です。
旅行は好きだけど、自分が好きな国とか都市しか調べない。
だから、普段は見向きもしない国を知るきっかけになるのがいいなあって思っています。
ゲストが色々な都市に行くんだけど、それぞれの思いがあるのでさらにいい感じです。

世界

じゃあ、私にとってのアナザースカイってどこの都市になるんだろう?
何をもってアナザースカイとしているのかは人によって違うと思う。
ホームステイしていた国かもしれないし、ちょっと立ち寄った国かもしれない。
私にとっては、住んでいたことがある外国はアナザースカイではないかもしれない。
今のところ、海外でそういう場所は思いつかないなあ。
やっぱり、住むなら日本がいいって思っているからだと思います。

そして、地元がいちばん落ち着くし、京都がその次に落ち着く場所。
ってまさかの国内(笑)!?

今住んでいる場所は、やっぱり仕事のためって感じがする。
だから、私は国内でも海外でも、仕事じゃないときは出て行きたくなっちゃうのかな。
アナザースカイって、そういう普段の自分とは別のテンションになれる場所かもしれないね。
私にとっては、だけどね。

あなたにとっての「アナザースカイ」ってどこですか?京都

「日本人が99%行かない国」と紹介されていた国~ラトビア

最近は世界をクローズアップした番組が多いですねえ。
旅行が好きなので、私もその類の番組は好きでよく見ています。

結構前に、「日本人が99%行かない国」という感じで紹介されていた国が「ラトビア」。
私、行ったことありますけど。
そんなにレアな国に行った感覚はなかったけど、さすがにそこで紹介されると無謀だったのかなと思ってしまいます(笑)。

ラトビア

その番組の総集編みたいな感じで放送している回を見ました。
すると、世界地図上にこれまで放送した国が書いてある映像が!その国名を見てびっくり。
10ヶ国ちょっとの中で、私が行ったことがある国は3つ!
えっと、これは日本人が99%行かない国というものではありませんでしたか?
そのうちの3つに行ったことがある私って(笑)。

その国は、リトアニア、ラトビア、スロヴェニア。

スロヴェニアに関しては是非行きたくて行ったというのとはちょっと違う。
せっかく近くにいるんだから行っとく?くらいの気持ち。
でも、その他2ヶ国は自分が行きたくて行った国なんだよね。
そうか、やっぱり実際に行っちゃう人は少ないんだなあ。

この番組で紹介されて、私が行ったことがある国、とっても素敵な場所!
機会があったらぜひ訪れて欲しい!おすすめだよ!
スロベニア

  • 女子の一人旅、不安と期待が交差しますよね。「本当に大丈夫なの?」なんていろいろな人に反対されたりすることも多いけど、一人旅したい! 人生は一度きり。そんな気持ちを止められないことだってあると思います。このサイトでは、ヨーロッパ(特にフランス、北欧)、クロアチアなど、様々な国を一人旅してきた私・mikakoが、旅の情報や思い出を発信します。

ヴェローナ
映画「ジュリエットからの手紙」はイタリア・ヴェローナの実話。

イタリア・ヴェローナには「ロミオとジュリエット」のジュリエットのお墓が

パリ
日本人がフランスに行くなら気をつけるべきこと

フランスでツアーガイドしている人が日本人向けに注意喚起しているツイート

記念のカードたち
「旅先からハガキを送る」のススメ♪

最近、私自身や友達の中で「旅先からハガキを送る」というのが流行っていま

→もっと見る

PAGE TOP ↑